公共施設/運動施設保守点検事業

公園にあるブランコ、滑り台、ジャングルジムやシーソーなど、子供が遊ぶ遊具の劣化などによる事故や公共施設、運動施設の倒壊事故などが発生している現実があります。

事故が起きると点検をしていたのか?といったことが話題となります。

 

実際はどうだと思いますか?

定期点検を怠ったことで事故を未然に防げなかったと思いますか?

 

正確に記載するとすれば、遊具、道路標識、照明灯、カーブミラーなど、公共施設、運動施設に応じた点検を行っていなかった。というのが正しい記載になるかと思います。つまり、ブランコならブランコの点検、滑り台なら滑り台の点検、ジャングルジムならジャングルジムの点検、道路標識や照明灯、街路灯といった施設やカーブミラー、トンネル内の照明灯など、公共施設、運動施設ごとに適正な点検や適正な点検タイミングがあるのです。

 

当社は、一般社団法人日本公共施設保守点検研究所の公共施設保守点検技士の認定を受けています。

 

【保守点検業務の内容】

道路標識、照明灯やカーブミラーなどの道路付帯施設などの公共施設や都市交通や学校、幼稚園などにある遊具や運動施設などそれぞれの施設に最適な保守点検を行います。

 

□標識点検

  • 打音検査
  • ケレン
  • 支柱非破壊検査
  • 梁部非破壊検査
  • ボルト増し締め
  • 防錆作業
  • 標識板の清掃

 

□照明灯点検

  • 開口部点検(目視)
  • 絶縁抵抗測定
  • 打音検査
  • 自動点滅器点検
  • 照明灯清掃
  • トンネル内照明灯点検

 

□遊具点検

  • 非破壊検査
  • 超音波厚さ測定
  • シーソー分解点検
  • 固くなった砂場の掘り起こしと異物混入チェック
  • 緩衝部強度点検
  • 遊具分解注油

【保守点検の方法】

目視検査・触診検査

眼で見てわかる施設の劣化の状態や以上の有無を調べたり、直接手で触れて施設の異常を点検します。道路反射鏡では、鏡面の映り込みの状況などもチェックします。

音響検査

ハンマーによる異常音の聞き取りを行います。木材の腐朽、鋼材の腐食やボルトの緩みなどの異常がわかります。

基準値などの測定

遊具では、安全領域の確認や安全基準値の測定、ブランコの吊部分の金具の太さを測定し、摩耗状態を調べます。照明灯は支柱の傾き診断や強度的に問題がないかなどの安全度の確認を行います。

 

 

公共施設保守点検‐実績